【小1の壁対策】小学生ワーキングママの仕事は何時までがいい?

ワーママ仕事は何時まで アイキャッチ画像 学童準備

子どもが小学校に入るタイミングには、悩みはたくさん!

特にワーキングママにとって、心配事のひとつが「子どもの下校後の過ごし方」です。

子どもの帰宅時間によって、働き方を変えなきゃいけないのか迷う方も多いでしょう。

\対象の働き方をチェック!/

我が家の場合は、小学一年生に鍵を持たせることは心配なので、学童17時まで利用する働き方にしています。

小学校に入ると本当に働き方を変えなくてはいけないのか、実際の小学生の帰宅時間と、周りのワーキングママの勤務時間をご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

「小1の壁対策」小学生ワーキングママの仕事は何時まで?

ランドセルと教科書

「小1の壁」とは、子どもが小学校に入る時と同時に、仕事と育児の両立が困難になることを言います。

ワーキングママと言っても、「フルタイム勤務」「時短勤務」「パート勤務」いろいろな働き方があります。

3パターンの「働き方」と、メリット&デメリットをあわせて考えていきましょう。

午前中または昼過ぎまで働く

メリット
  • 子どもの帰宅時に家にいてあげられる
  • 小学校の行事やPTAに参加しやすい
デメリット
  • 収入が少ない
  • 平日昼間だけの求人は希望者も多く、倍率が高い
  • 長期休暇時の預け先を考えておく必要がある

子どもが学校に行っている間だけの働く方法です。

小学生の登校時間は、朝の7時台です。

子どもが登校したあとに出勤するとして、午前中だけも数時間働くことができます。

ただし、午前中だけの仕事をしている場合は、学童保育を利用できません。

夏休みなどの長期休暇の預け先まで考えておく必要があるでしょう


夕方まで働く

メリット
  • 学童保育を利用できる
  • 学童にはおやつもあり、お友達や指導員の先生と遊ぶことができる
デメリット
  • 待機児童がある地域もある
  • 学童の負担(費用や長期休みのお弁当など)がある

「時短勤務」や、休憩ありで6時間以上働く「パート勤務」の働き方です。

仕事の終了時間が、子どもの小学校下校時間には間に合いませんので、学校終了後の預け先が必須です。

一般的には「学童保育」を利用する方が多いでしょう。実際に、我が家もこのパターンです!


フルタイム勤務で働く

メリット
  • 収入を落とすことなく働ける
  • キャリアを維持できる
デメリット
  • 学童保育終了後の預け先まで考えることが必要
  • 警報や学級閉鎖時の預け先も必須
  • 出勤時間と小学校登校時間にも注意

小学校の授業は8時半前後から始まりますが、実際に校門が開くのは朝の8時です。

また一般的な学童保育は、17時(または18時)で閉館します。

そのため、学童だけでなく、学童終了後のもう一つの預け先も確保しておかなければいけません。

>>>すぐに「子どもの下校後の過ごし方7選」を見る

出勤時間と帰宅時間を、それぞれ子どもの学校スケジュールとあわせて検討する必要があるでしょう。


小1の壁「学童保育の待機児童」に注意!

外国籍の母と娘 イメージ画像

小学生ワーママの味方!放課後の預け先のひとつが「学童保育」です。

>>>「学童準備を徹底解説!小学校入学までの段取り&スケジュール総まとめ

ただし、この学童保育にも大きな問題があるのです!

  • 学童保育の待機児童問題
  • 学童保育の預かり時間が短い

都市部を中心に、学童保育でも待機児童問題があります。

保育園に入りたくても入れない保活事情は、1歳児クラスの激戦や、小規模保育園卒園後の3歳の壁だけでなく、小学校に入ってからも続くのです!

学童は、小学校に併設されている場合もあり、保育園や幼稚園の預かり保育のように、朝早くから夜遅くまで開いていません。

子どもが小学生になった時の働き方は、長期休み中や、学童終了後の過ごし方や預け先も合わせて考えておく必要があるでしょう。

小学生ワーママの勤務時間の実例」と「子どもの下校後の過ごし方7選」をぜひご参考ください!

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

「小学生ワーママの仕事」子どもの帰宅時間にあわせる?

ランドセルふたつ

実際の小学生の帰宅時間と、職場や周りのママ友に聞いた「実際の勤務時間」について紹介します。

小学生の帰宅時間

小学一年生の授業は最大5時間目までです。

週の真ん中の水曜日のみ4時間授業という学校もありますが、ほほ毎日、5時間目まで授業を受けます。

  • 4時間授業だと、午後1時半~2時下校
  • 5時間授業だと 午後2時半~3時下校

特に、入学後のスケジュールは各学校によって違い、すぐには時間割通りにはなりません。

また4月は、給食もなく午前中で帰ってきたり、平日日中に行事があったりもするのです!

詳しくは、別記事でご紹介しています。

>>>「小学1年生の下校時間と時間割 小学校入学前に知りたいスケジュール

4月だけでなく、その後も懇談会などがあるときは、4時間授業で給食食べてから下校する日もあります!
行事のある日は、午後1時半~2時下校になるのでご注意ください!!

小学生ワーママの勤務時間の実例

電車を待つ女性イメージ画像

16時までの仕事

夕方までの勤務の場合は、学童で利用しているワーママがほとんどです!

また弟妹いる場合は、保育園+学童で利用している方も多いです。

学童は子ども一人で帰ってくることができるけど、下の子は保育園まで送迎しなくてはいけません。

通勤時間+保育園お迎えして17時には家に帰っていられるように、16時ごろまで仕事をしています。


17時までの仕事

学童保育の延長18時までを利用する場合と、17時以降は自宅で過ごす場合と2パターンのワーママがいます。

延長18時になると、追加料金がかかったり、学童でもお迎えが必須となったりする地域があるのでご確認ください!

17時まで学童を利用し、その後自宅で過ごす場合は、兄姉がいる場合がほとんどです!

1時間程度なら、ふたりで一緒に自宅で待っていられるからと、上の子に鍵やキッズケータイを渡して、17時ごろまで仕事をしています。


18時以降の勤務

延長時間19時まで受け付けている地域もありますが、公立の学童は、17時(または18時)閉館のことがほとんどです。

お迎えに間に合わないようなフルタイム勤務されている方は、祖父母宅や友人宅、民間の学童やファミリーサポートなどを利用しています。

また最近では、在宅勤務やフレックス勤務している旦那さんと協力している家庭も増えていますよ!

(・・・うらやましい。我が家は無理w)

子どもの下校後の過ごし方7選

家の鍵 イメージ画像

小学生ワーママの子どもたちは、下校後7パターンの過ごし方があります。

  • 自宅に帰りお留守番(鍵っ子)
  • 学童保育利用のみ
  • 学童保育から習い事へ移動
  • 学童保育終了後、自宅に帰りお留守番
  • 祖父母の家で過ごす
  • ママ友(友人宅)で過ごす
  • ファミリーサポート・民間学童を利用

一般的に、学童保育は一度帰ると戻ることは禁止です!

そのため、夕方まで学童を利用し、子どもだけで習い事先まで移動し、18時過ぎまで過ごすという方法もあります。

下校後に習い事に行く場合は、「家→学校」「学校→学童」に加えて「学童→習い事」のルートも加わります。

たとえGPSサービスを利用していても、移動中の交通事故や犯罪の心配もあるため、2学期以降に少しずつ慣らしていたママ友もいました。

>>>「【小学一年生】GPSBoT第二世代を1年使ってみた感想&口コミ

ファミリーサポート・民間学童は遅い時間まで利用できますが、公立の学童よりも料金が高いため、預け先を探すときに合わせて比較しておきましょう。

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

【まとめ】 職場までの通勤時間や子どもの性格も考えて

池田屋大阪店にて
「池田屋ランドセル」を愛用中!

小学生の帰宅時間と、職場や周りのママ友の勤務時間の実例をご紹介しましたが、参考になる「働き方」はありましたでしょうか?

でも、実際は小学生になってからではないと分からない問題もあります。

  • (学童が合わなくて)「行きたくない」と言ったり、
  • 近所にお友達が少なく登下校が心配だったり、
  • ひとりでお留守番はまだ難しかったり・・・

たとえ小学生になっても、まだ中身は6歳・7歳で心配はつきません!

職場までの通勤時間や子どもの性格も考えて、一番うまくいきそうな帰宅時間の働き方を選んでみてくださいね!

↑もくじに戻る

「入学準備&学童準備」ブログ関連記事

参考まとめ記事

小学校入学準備をいつから何を始めたらいいかわからない方のために、「入学準備」を5つのテーマにわけて徹底解説しました。

>>>小学校入学準備【完全マニュアル】記事はこちら

ワーキングママの方は、入学準備と同時進行で「学童準備」も進めなければいけません。別記事で詳しく解説しているので、あわせてご参考ください!!

>>>学童準備の段取り&スケジュール【総まとめ】記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました