【新1年生】長期休み中に学童に持っていくおすすめドリルと必要量

長期休みの学童ドリル・アイキャッチ画像 学童準備

春休み・夏休み・冬休み
長期休み中の学童保育には「自主学習」の時間があります。

学童から「1人で取り組める勉強ドリルを持参してください。」と言われるのですが、何をどれくらい準備したらいいのか分からないですよね。

我が家でもいくつか「市販ドリル」を持たせていたのですが、学童を連日利用していると、あっという間に仕上げてしまいました。

そのため長期休み中は、気になる通信教育のおためし見本教材を取り寄せ、試す機会にもしています!

この記事では、小学1年生におすすめの市販ドリルとあわせて、長期休み中のドリルの必要量を紹介します。

スポンサーリンク

学童でドリルする「自習時間」とは

小学1年生の市販ドリル

まずはじめに、公立の学童保育では勉強の指導はしてくれません。

あくまで、子ども自身が「自主的に行う学習時間」を設けてくれているだけで、するかしないかは本人に任されています。

しっかり子どもと1日何ページするとルールを決めてもいいかもしれませんね。

神戸市内のある「学童保育の自主学習時間」を紹介します。

8時~学童開館
8時~9時静かに読書などする時間(おもちゃ禁止)
9時~9時半「学習時間」
9時半~10時「学習時間」
または、静かに読書などする時間
10時~自由遊び・外遊び・行事に参加
長期休み中の学童スケジュール

我が子が通う学童の自習時間は、9時から9時半までの約30分です。

来館する時間は親の出勤時間に合わせてバラバラのため、9時過ぎてから来る子どももいます。

そのため、10時までは学習時間として、早くから来た子は9時半以降は静かになら遊んでいい決まりになっています。

全国の一般的な公立学童保育も、30〜40分を自習時間として設けているところが多いようです。

「学童保育の自主学習」の雰囲気

勉強の時間のため、静かにしなければいけません!

自習時間は、必ず机に向かい、持参した宿題やドリルをする習慣を作ってくれます。

ただ指導員の先生は勉強は教えてはくれませんので、子どもの学習レベルに合ったものを持っていく必要があります!

娘が通う学童は、一年生の場合、勉強に集中できる時間は、まだそんなに長くはないので、「ぬりえ」を持参してもいいことになっています!

我が家も「ドリル」「ぬりえ」「色鉛筆」の3点セットを、自習時間用に持たせています。

\遊べるぬりえをチェック!/

↑もくじに戻る

「新1年生」学童に持っていくおすすめドリル

娘がドリルで勉強中
我が家の娘、リビング学習中!

学童では「子どもがひとりで取り組めるドリル」が必要なため、チェックポイントが3つあります。

  • 紙の教材
  • カラー印刷
  • 総まとめのドリル

学童には「タブレットの持参」を禁止している地域も多いのではないでしょうか?

通信教材でタブレット受講していても、学童に持っていくことはできません!!

必ず「市販の紙ドリル」を用意しましょう。

また小学校ではモノクロでテストをするので、回数を重ねると見慣れますが、小学1年生のうちは、カラー教材の方が興味を示して取り組みやすいですよ。

まとめドリルは復習にぴったり!

小学1年生の市販ドリル

学童でするドリルは、先取り学習より、一度習ったことがある復習教材がおすすめです。

  • 新1年生の春休み →「入学準備号」
  • 夏休み →「夏休みドリル」
  • 新2年生になる春休み →「1年の総まとめ号」

長期休みになると、書店にたくさんまとめドリルが陳列されます。

有名出版社のまとめドリルは、学期毎や1年の復習だけでなく、付録のポスター・英語問題や先取り学習などもあり、とても充実した内容になっています。

小学生男子には「うんこドリル」も人気です!(娘の友達も、学童に持ってきたそうですw)

\入学準備のうんこドリルも発売中/

夏休み・冬休み・春休みの日数とドリル必要量

参考までに、神戸市の昨年2021年度の長期休みの日数をご紹介します。

夏休み

  • 7月22日(木)~8月31日(41日間)
    → 平日:26日 土日祝:15日

冬休み

  • 12月25日~1月6日(13日間)
    → 平日:6日 土日祝:7日

夏休みは、住んでいる地域によって異なり30~40日間です。

また冬休みも、地域により12~25日間と異なります。

春休み

  • 3月26日~4月7日(13日間)
    → 平日:9日 土日祝:4日

冬休みと春休みは、平日学童を利用する場合は、1冊ドリルがあれば十分です!

一日数ページしても足りるでしょう。

土日に自宅学習もする予定であれば、もう1冊あってもいいかもしれませんね。

ただし、夏休みの場合は、ドリル1冊では足りません!

意外と学校からもらう「夏休みの宿題プリント」は少ないので、追加で市販ドリル2~3冊ある方が安心です。

我が家は、学校の宿題に追加して「学研の夏休みドリル」「旺文社の夏休みドリル」、そして、小学ポピーに1ヶ月だけ入会しました。

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

「学童の自習時間」市販ドリル以外のおすすめ3選

「市販ドリル」以外に、準備できるおすすめを3つご紹介します!

  • 100均(セリア&ダイソー)学習ドリル
  • 無料ダウンロードサイト
  • 通信教材のおためし見本

100均(セリア&ダイソー)学習ドリル

100均の学習ドリル6冊
すべて100均の学習ドリル!
  • セリア:「小学1年」「小学2年」
  • ダイソー:「小学1年」「小学2年」「小学3年」

どちらも50ページ以上あり、算数・国語・漢字などのドリルがあります。

基本を繰り返し学ぶにはぴったりです!復習問題が100均で買えるなら安い!!

デメリットは「字が小さい点」と「カラー印刷」でないことでしょうか。

特に小学1年生用は人気で、店舗によっては売り切れることもあるので、見つけたら買っておいて損はないですよ。


無料ダウンロードサイト

logoちびむす

幼児向けの無料学習プリントでも人気の「ちびむすドリル」には、小学生版があります。

苦手な部分のみ印刷するのもいいですね。

個人的には、小学生教材とコラボコーナーした知育プリントが楽しいので、よく利用しています!


通信教材のおためし見本

小学ポピー・お試し見本のすべて
小学ポピーのおためし見本」を取り寄せしました!

気になる「通信教材のおためし見本」を取り寄せてみることもひとつです!

長期休みの方が、ゆっくり比較検討することができるでしょう。

学童の自習時間も活用するなら、タブレット学習ではなく、紙教材をチェックしてみましょう。

小学ポピー公式画像

我が家では、「小学ポピーのおためし見本」を取り寄せ。

でも、おためし見本ではプリント数が少なかったので、「1ヶ月分の教材で内容や量を確かめてみたい!」と思っていたところ、1ヶ月入会キャンペーンがあり、体験してみました。

\1ヶ月キャンペーンをチェック!/

1ヶ月だけ入会した「小学ポピー」は、長期休み中の家庭学習にもぴったりでした。

たとえ1ヶ月だけ気軽に入会しても、しつこい勧誘はなかったので、安心して検討してくださいね!

>>>「【小学ポピー体験談】1年生の夏休み1ヶ月だけお試し入会してみました

↑もくじに戻る

【まとめ】長期休みの学童の自習時間を有意義に使いましょう

アルファベットを書く手
  • 学童の自習時間は、平均30~40分
  • 公立学童は勉強は教えないので、子どもの学習レベルにあったドリルを用意!
  • 春&冬休みは、1冊でOK!夏休みは数冊用意!!
  • 通信教材のおためし見本を試す機会にもなる
  • 【おまけ】答えは取り外して渡しましょう(笑)

公立学童は勉強は教えてくれませんが、静かに机に向かって勉強する習慣を作ってくれます。

そのため、子どもの学習レベルに合わせたドリルを持っていくようにしましょう。

しっかり30~40分取り組めば、いつもの学校の宿題の丸付けより、答え合わせが多くなるかもしれません。

帰宅後の丸付けはちょっと大変ですが、学童で頑張って勉強した証拠ですよ!

また長期休み中は、通信教材を比較するのにもちょうどいい機会です!市販ドリルと合わせて、ぜひ検討してみてくださいね。

【おまけ】
勉強が終わったら早く遊べるからと、ときどきドリルの答えを写す賢い?お友達もいるそうです。答えは必ず、取り外すか切り取ってから、子どもに渡しましょう(笑)

↑もくじに戻る

「入学準備&学童準備」ブログ関連記事

参考まとめ記事

小学校入学準備をいつから何を始めたらいいかわからない方のために、「入学準備」を5つのテーマにわけて徹底解説しました。

>>>小学校入学準備【完全マニュアル】記事はこちら

ワーキングママの方は、入学準備と同時進行で「学童準備」も進めなければいけません。別記事で詳しく解説しているので、あわせてご参考ください!!

>>>学童準備の段取り&スケジュール【総まとめ】記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました