小学一年生のランドセルが重い!約5kgのランドセルの中身を公開

小学校入学準備

子どもが小学校に入学してから驚いたことのひとつが、ランドセルの重さです!

教科書など荷物を入れたランドセルの重さは、なんと約5kg!

学校によって持ち物が違うため、さらに増える場合もあります。

残念ながら、ランドセルの荷物の重さは教育現場が変わらない限り、劇的に軽くなることはありません。

しかし、重いランドセルを軽くする方法はあります。

入学前のランドセル選び正しい背負い方が重要になってくるのです!

小学一年生の「ランドセルの中身」と「重いランドセルの対策」を合わせて紹介します。

スポンサーリンク

小学一年生のランドセルの重さは約5kg

子どもが通う小学校は、私服登校です!

ある日の登校前の朝。
「ランドセルを背負う前」と「ランドセルを背負った状態」で、子どもの体重測定をしました。

「ランドセルを背負う前」は、26.1kg。

そして、「ランドセルを背負った状態」では、30.7kgありました。その差は4.6kg!

つまり、中身の入った状態でのランドセル+水筒で、4.6kgの荷物を持っていたのです!

曜日によって持ち物が違うため、重さは前後しますが、多いときは5kgになるでしょう。

ちなみに、サーモス水筒800mlを持って行っています。

小学一年生の平均体重

我が家の子どもは、身長123cm・体重26kg。

背の順は一番最後というの大き目女子です。

筋肉もある方なので、「ランドセル重~い!」と言いながらも、体格での負担は少ない方かもしれません。

同じ歳でも、身長110cm・体重17kgの小柄なお友達も、同じランドセルの中身で毎日登園しています。

性別身長体重
男子117.5cm22.0kg
女子116.7cm21.3kg
文部科学省「令和2年度学校保健統計調査」より

小学一年生(6歳)の平均体重は、約21kgです。

つまり、水筒と荷物を入れたランドセルの重さが持ち物含め約5kgなので、自分の体重の40%のものを持ち歩いていることになるのです!

これが、大人の50kgの人だと考えると、約20kgの荷物を背負っているのと同じと考えると、子どもの体への負担が心配になりますね。

我が家は「池田屋ランドセル」

我が家の娘のランドセルは「池田屋ランドセル」です。

人口皮革クラリーノのため、重さは1100g。

工房系ランドセルの中でも軽い方で、実際に入学前に購入した時も、大きくは感じても重いとは思いませんでした!

さらに実際に学校に通うときは、ランドセル本体に「ランドセルカバー」と「防犯ブザー(学校から支給)」がついています。

小学一年生のランドセルの中身を公開!

毎日持っていくもの

  • 教科書&ノート
  • 下敷き・筆箱・連絡ノート
  • 宿題セット
  • 給食袋&コップ袋
  • GPSボット

必要に応じて持っていくもの

  • 体操服や上履き
  • 給食当番のエプロン袋
  • 学習用パソコン(タブレット)
  • 雨の日限定の傘

教科書&ノート

さんすうノートは先生に提出中のため、写真では6冊です

一週間の中で、一番重い時間割は火曜日。教科書の数が最多で、なんと合計7冊!!

火曜日の時間割
  • 【一時間目】国語・・・「こくご」「こくごノート」
  • 【二時間目】算数・・・「さんすう」「さんすうノート」
  • 【三時間目】図書・・・教科書なし
  • 【四時間目】道徳・・・「どうとく」
  • 【五時間目】生活・・・「せいかつ」
  • 【休み時間】「じゆうちょう」

しかも、入学してからしばらくの小学一年生の時間割なんて、授業で教科書もノート使わない日が多かったです。

真っ白のままのノートを使わないのに、毎日持っていきました。

実は、2018年から「置き勉」が可能になったのです!

文部科学省から小学校に、教科書を机に置いてもいいという「置き勉推進」の通達がされました。

でも、置き勉してもいいかの判断は、各都道府県の教育委員会や学校にゆだねられています。

ちなみに、我が子が通う小学校は、“置き勉禁止”です!

置き勉禁止の理由は、「置くスペースがない」「盗難やいたずら防止のため」「持ち物管理や整理整頓を身につけさせるため」などといった事情があるそうです。

下敷き・筆箱・連絡ノート

「下敷き」はもちろん、「連絡ノート」も、学校からの連絡や担任の先生とやり取りするツールのため、毎日持参します。

「筆箱」は、スーパー軽量筆入れを選びました!筆箱自体は約170gととても軽いです。

名入れ鉛筆6本・消しゴム・定規しか入れていません。余計な付属品がないものが一番です。

宿題セット

前日の宿題は「おけいこちょう」と「計算ドリル」。

宿題をして、先生にチェックしてもらうために、毎日学校に持っていきます。

また「計算ドリル」の宿題がない日もあるのですが、子どもは学童保育に行っているので、“宿題がでるかもしれないため”毎日持たせているという現実があります。

給食袋&コップ袋

「給食袋」の中には、お箸とランチョンマットが入っています。「コップ」は、学童での感染対策のため持っていくようになりました。

ランドセルにぶら下げて持っていくスタイルは、親が子どもの時とあまり変わらないですね。

GPSボット

「GPSボット」とは、専用の受信機を子どもの鞄の中に入れておけば、スマホのアプリで現在地も移動ルートも確認できる素晴らしいアイテムです。

現代の子どもの登下校の見守りとしてなくてはならない必需品。

我が家は「ビーサイズGPSBoT」を使用していますが、重さはたったの50gです!

体操服・上履き

制服の小学校の場合は、「体操服」をランドセルに入れておかなければいけません!

体育のある日は、荷物が増えます。

また「上履き」を使用している学校は、一週間か二週間ごとの週末に持ち帰り、洗濯して月曜日に持っていきます。

我が子が通う小学校は、私服登校&土足です。

体育の授業がある時は、体操服を着ていきます。私服登校も大変ですが、荷物が減る分、メリットかもしれません。

給食当番のエプロン袋

一週間か二週間ごとに、給食当番が回ってきます!

週末に、学校貸出の白いエプロンと帽子が入った「エプロン袋」を持って帰り、洗濯して月曜日に持っていかなければいけません。

学習用パソコン(タブレット)

自分でIDとパスワードを入れています!

小学校でも「タブレット学習」がいよいよ始まりました!

タブレットの重さは約1kg。

小さなタブレットですが、タッチペンにキーボードと充電器や、さらに専用鞄がついているので、1kg以上になる計算です。

教科書が減るわけではなく、通常の荷物にさらに1kg追加です!!

デジタル化するなら、教科書やノート類を減らしてほしいです。

雨の日限定の傘

ある雨の日の下校風景

雨の日は、さらに傘がついてきます!

雨の中、傘を差しながら、総重量5kgの荷物を持たなければいけないのです。

問題なのが、雨が降るか降らないか微妙な天気の時です!

荷物になるのは可哀そうだけど、雨に濡れて風邪をひいても心配なので、結局持たせることになるんですよね・・・。

置き傘OKの学校や貸出傘をしてくれる学校もありますよ。

ランドセルが重くなった3つの理由

親世代である私たちも、ランドセルを使っていましたが、今の子どもたちの方が確実に重くなっています。

実はランドセル自体は、各メーカーとも軽量化されているのです!

しかも、6年保証がつくほど、毎日使っても壊れない丈夫な鞄は、世界中から見ても「日本のランドセル」の技術は素晴らしいと言われています。

ランドセルが軽量化されたのに、なぜ小学生の荷物は重くなったのでしょうか?

理由は3つあります。

  1. 「脱ゆとり教育」で教科書のページ数が増えた
  2. B5サイズからA4サイズになった
  3. 熱中症対策の水筒持参

「脱ゆとり教育」で教科書のページ数が増えた

「ゆとり教育」時代だった2005年度、全教科の教科書のページ数(1~6年合計、各社平均)は4857ページでした。

しかしその後、「脱ゆとり教育」を反映した学習指導要領が実施されると15年度のページ数は6518ページと、10年前に比べ34%も増えました。18年度からは道徳も教科になるので、さらに1067ページ分が加わる計算です。

重~いランドセル、中身増え平均7キロ 小1「肩凝る」:朝日新聞デジタル (asahi.com)

2018年からは、10数年前よりも教科書のページ数が1.5倍増えました。

教科が増え、教科書のページ数が増えたことが、ランドセルが重くなった一番の理由です!

B5サイズからA4サイズになった

教科書だけでなく、小学校から配布されるプリントも、B4サイズからA4サイズに変更になりました。

プリント類を“A4フラットファイル”に入れている学校もあります。

ランドセルは軽量化されても、A4サイズが入るように昔よりも一回り大きくなったのです。

熱中症対策の水筒持参

ある日、子どもが学校に持って行き忘れた水筒(笑)

わたしが小学生の頃は、水筒を持っていくのは遠足の日ぐらいでした。

ウォータークーラーか、面倒な時は、蛇口をひっくり返して水道水を飲んでいた記憶があります。

きっとこれを読んでいる方も同じですよね!?(笑)

今では、熱中症対策もあり、毎日水筒は持っていかなければいけません。

また最近では、新型コロナウイルスの影響もあり、水道水を飲むことは禁止している学校もあるようです。

水筒を忘れたりお茶を全部飲んでしまったりした場合は、保健室でもらえます。
(入学早々、水筒を玄関に置き忘れて学校に届けた時、先生に対応を聞きましたw)

重いランドセルを軽くする方法

  1. 肩ベルトを調節し、正しい背負い方をする
  2. ランドセル用の肩パットを使う
  3. 子どもにあったランドセルを選ぶ
  4. 明日の準備のサポートは必要!

肩ベルトを調節し、正しい背負い方をする

重要なのは、背中にスキマがないことではなく、ランドセルがしっかりと垂直に立っていること。

さらに背中に当たるクッションに違和感がないかも、しっかりと確認してあげましょう。

ランドセルの正しい背負い方 (pikachan.com)

肩ベルトはランドセルが届いた状態では、子どもの身長や体形に合っていない可能性があります。

肩ベルトを調節して、背中とランドセルの間にすきまがないように調節してあげましょう。

“ランドセルが垂直になる”ということは、ランドセルの重さが真下にくることになります。

子どもが後ろに引っ張られることがなくなり、肩への負担が軽くなるのです。

ランドセル用の肩パットを使う

入学してすぐは、ランドセルの皮革が固いため、特に肩が痛く感じるようです。

使い慣れていくうちに、皮はしなやかになってきます。

しばらくしても、まだランドセルの重さで肩が痛いようであれば、「ランドセル用の肩パット」が販売されているのでおすすめです!(実際に使っているお友達もいます!!)

裁縫が得意な方は、手作りでも作ることができますよ!

子どもにあったランドセルを選ぶ

クラリーノのほうが軽く、牛革のほうが重くなります。

空の状態で手で持つと、重さの違いはわかりますが、実際に背負ってしまうと、この差はそんなにわかりません。重い荷物でも、背負い心地がよければ軽く感じることができます。

軽さだけではダメ、大切なのはバランス(pikachan.com)

ランドセルの一般的な重さは、1000g~1500gです。

なるべく軽いものを選ぶことが一番ですが、各メーカーにこだわりがあります。

色やデザインだけでなく、子どもの体型にあったランドセルを選ぶことが重要です!

明日の準備をサポート!

明日の持ち物チェックは、入学してからすぐだけでなく、その後も時々サポートが必要です。

要らない教科書が入っていたり、使い終わったノートが入っていたりすることで、ランドセルが重くなっている場合もあります。

中には、「明日の準備が面倒だから」という理由で、すべての教科書を入れていた強者が、クラスのお友達にいました(笑)

ちなみに、小学生になっても、持ち物リストで支度をスムーズにする「お支度ボード」はおすすめです!

【まとめ】ランドセルの重さは変わらない、だから、親ができること

ランドセルふたつ
  • 小学一年生のランドセルの重さは約5kg
  • タブレット学習が加わり、さらに重くなった
  • 文部科学省から置き勉推進しているが、できるかどうかは学校次第
  • ランドセルの正しい背負い方で肩への負担を軽くなる
  • 小学校入学前の「ランドセル選び」は重要!

教科書など荷物を入れたランドセルの重さは、なんと約5kg!

わたし自身も、この衝撃的な事実を、入学するまで知りませんでした。

小学一年生になったら、親の手を離れて、自分ひとりで重たい荷物を持たなければいけません。

親ができることは、入学前に子どもにあった軽いランドセルや文房具を選んであげることや、正しい背負い方を教えてあげることくらいです。

ランドセルの中身は、教育現場が変わらない限り、この先も劇的に軽くなることはないでしょう。

我が家は「池田屋ランドセル」を選びましたが、子どもにの体型にあったぴったりのランドセルをぜひ選んでくださいね!

そして、重いランドセルに慣れるまでは、しっかりサポートしていきましょう。

「入学準備&学童準備」ブログ関連記事

鉛筆・イメージ画像

小学校入学準備をいつから何を始めたらいいかわからない方のために、「入学準備」を5つのテーマにわけて徹底解説!

ワーキングママの方は、入学準備と同時進行で「学童準備」も進めなければいけません。

別記事で詳しく解説しているので、あわせてご参考ください!!

\新学期に向け1ヶ月入会キャンペーン中!/

「小学ポピー」のおためし見本は無料で請求できます!一度教材を見てから、入会検討することもおすすめですよ!!

タイトルとURLをコピーしました