お支度ボードは効果なし!?続かない時の対処法と楽しく習慣にする秘訣

子育てアイデア

保育園・幼稚園に入園すると、毎朝大忙しです!
その悩みの多くは、子どもの支度に時間がかかること!!

家を出る時間に間に合わないのに、ボーっとしてたり、遊んで動かなかったり、

子どもに最初は優しく声掛けしていても、そのうち堪忍袋の緒が切れて「早くしなさい!」とキレたことはありませんか?

何を隠そう…わたしも同じ状況でした(笑)

笑顔で送り出したいのに怒ってしまう自分に自己嫌悪の日々…。

そんな時に「お支度ボード」の存在を知ったのです!

はじめてお支度ボードを作ったのは、子どもが年少(3歳児クラス)の時。

でも、簡単には続かず、使ってくれない時期があり、習慣にするまで時間がかかりました。

あきらめずに試行錯誤していると、次第にひとりで身支度できるようになり、小学校に入学した今でも、お支度ボードは大活躍しています!

そんな一度は挫折した経験から、『続かない時の対処法』と『子どもと楽しく朝の時間をスムーズにする秘訣』を紹介します。

スポンサーリンク

「お支度ボード」とは、子どものやることリスト

「お支度ボード」とは、簡単に言えば“子どものやることリスト”です。

朝起きてからの身支度や持ち物、帰ってからすることなどが、イラストや文字で書いています。

子どもでもわかりやすく、自分から動けるようになる便利な子育てアイテムです!

以前までは、一から手作りしている人が多かったのですが、最近では100均から可愛いイラストシートが販売されていたり、既製品のお支度ボードも販売されています。

「お支度ボード」が続かない理由

  • 最初は親のサポートが絶対に必要!
  • 子どもの年齢にあっていない
  • 子どもにとっては項目が多すぎる
  • マグネットシートが使いにくい

最初は親のサポートが絶対に必要!

お支度ボードを与えたら、自分から動いてくれるようになるのは幻想です!!

はじめの数日は「できた!」と楽しく取り組んでくれても、子どもはすぐに飽きてしまいます。

使わないなら、まだいい方かもしれません。

ホワイトボードに落書きしたり、マグネットシートをいろいろな場所に動かして遊んでみたり・・・

↑5歳でもこんな風になります(笑)

支度をするどころか「何遊んでいるの!?」となり、
「遊ぶためにお支度ボードを用意したんじゃない(怒)」と思うことが何度もありました!

お支度ボードを使って、一緒に朝の支度をするという気持ちでないといけません!

「今、何ができた?」
「次は何ができるかな?」
「今日は早く全部できたね!」

最初は面倒ですが、遊ばないように監視しながら(!?)、子どもが慣れるまでは、サポートを続けましょう。

ちなみに、お支度ボードの他に、おもちゃとしての「きせかえマグネットあそび」も手作りできますよ。

子どもの年齢にあっていない

対象年齢は「3歳~小学校低学年」です。

お支度ボードをマグネット遊びのように、おもちゃにしてしまうようなら、まだ早すぎるのかもしれません。

3歳といっても、3歳0カ月と3歳12ヶ月では大きく違います!

年少クラスでもまだオムツの子どももいますし、すでにひらがなを読める子どももいます。

「朝の準備をひとりでできる」段階になることがまず先です!

次のステップとして、「ママパパに手伝ってもらうのではなく、自分からする」ためにお支度ボードを利用しましょう。

子どもにとっては項目が多すぎる

大人なら簡単なことでも、ただでさえ朝の支度に時間かかるのに、あれもこれもとすることを増やしたら、子どもはすぐに「できない!」と投げ出してしまいます。

特に見た目の可愛い既製品や、インスタグラムの人気の投稿写真を見るとリストがあまり多すぎる気がするのです。

わたしが最初に作ったお支度ボードの項目は、たったの6個でした!

  • 「トイレにいく」
  • 「あさごはん」
  • 「かおをあらう」
  • 「はみがき」
  • 「きがえをする」
  • 「かみのけむすぶ」 ・・・以上!

6項目でも、もともと支度に1時間以上かかっているのですから、これぐらいの少ないリストから始めても十分です!

マグネットシートが使いにくい

手先が器用な子どもにとっては、マグネットシートで特に問題ないのですが、
ちょっと不器用なタイプの場合は、うまく裏返しにできないこともあります。

上手にできないと、それだけで面白くなくなり使ってくれないでしょう。

お支度ボードには様々なタイプがあります。

  • マグネットシートシートを裏返す
  • 吊り札を裏返す
  • 「やること」→「できた」に移動させる
  • 項目の上に(または横に)「できた」マグネットを乗せる

ぜひ、自分の子どもに合うタイプの方法を探してみてください!

子どもとお支度ボードを楽しむ3つの方法

一緒にお支度ボードを作る

子どもがお支度ボードを使って「できた!」と感じる以前に、お支度ボード作り自体を子どもに手伝ってもらいましょう!

我が家では、裏返した時のシールを選んで貼ることや「できた」という文字は子どもが書きました。

少し手伝うだけでも、“自分で作った作品”のひとつになるのです。

自分の作品を飾ってもらえて、しかも、毎日使うことができたらうれしいものです。

好きなキャラクターやイラストを使う

既製品であっても、手作りであっても、子どもの好きなキャラクターのイラストやシールを使って少しアレンジしてみましょう。

大好きなキャラクターに応援されると感じると不思議とやる気がでてきます!

ご褒美を用意する

大きなご褒美でなくてもいいのです!

  • 「全部できたら、TVや動画を見ていいよ」
  • 「好きなおやつ食べていいよ」

そんな小さなご褒美を用意しておくと、ご褒美のために頑張ろうと、少しずつ支度の時間が短くなってきます。

目標に向かってがんばる大人も一緒ですね!

時間内にできたら、手帳などにご褒美シールを貼るという方法もありますよ。

お支度ボードの作り方(年少・年長・小学生)

用意するもの
  • 両面マグネットシート
  • ホワイトボード
  • シールやマスキングテープなど

100均の両面マグネットシートは、ダイソーで購入しました。

マグネットシート表面に「やること&イラスト」を、裏面に「できたorもったよ」と油性ペンで書くだけ。

製作費は、たった300円で簡単作ることができます!!

3回リニューアルした「我が家のお支度ボード」を紹介します。

年少クラス

年少3学期(4歳3ヶ月の時)・・・「朝のすること」の6項目

すでにひらがなが読めるようになっていたので、文字が多めに。

時計はまだ読めないので、時計の勉強もかねて、イラストも貼りました。

お支度ボードの第一弾(表面)
お支度ボードの第一弾(裏面)

年長クラス

年長1学期(5歳6ヶ月の時)・・・「持ち物リスト」の11個

年少の時に作った「お支度ボード」は、試行錯誤しながら3ヶ月ほどかけて定着しました。

その後、しばらく放置していたのですが、年長に進級する機会に「持ち物リスト」にリニューアル!

お支度ボードの第二弾(表面)

カタカナも少し読めるようになってきたので、カタカナとひらがなが混ざっています。

また幼稚園内の放課後習い事「学研プレイルーム」の持ち物や体操服などいる日を追加。

曜日によって持ち物が増えるので、親も忘れものがないか確認するためにも役立ちました!

お支度ボードの第二弾(裏面)

小学校入学前後

小学校1年生1学期(6歳6ヶ月の時)
・・・「持ち物リスト」15個+「かえってからすること」5項目

「持ち物リスト」のお支度ボードを半年以上使い続けることができたので、年長3学期に「かえってからすること」を付け加えました。

お支度ボードの第三弾(表面)
お支度ボードの第三弾(裏面)

そして、小学校&学童保育の持ち物にリニューアルして現在に至ります。

ちなみに、かえってからすることリストに「手洗い&うがい」「着替え」は当たり前のことにしたかったので、省いています。

【まとめ】習慣にするには3週間!?

「21日間継続したことは習慣化する」というインキュベートの法則があります。

大人であっても、ダイエットや節約、趣味など習慣にしようと始めても三日坊主になって諦めたことはありませんか?

新しいおもちゃにすぐ目移りする子どもが、習慣にするには、もっと時間がかかると思った方がいいでしょう。

実際に我が家も、定着するまでは3ヶ月ほどかかりました。

また新しくリニューアルする度、その都度見守ってきました。

でも、一度習慣にしてしまうと、年齢が上がるとともに、身支度のスピードも時間内に〇〇をするという意識も格段に上がり、本当に朝の時間が楽になりました!!

お支度ボードの続かない原因になりそうなことを改善したら、習慣になるまでは、根気強くサポートを頑張りましょう!

そして、お支度ボードを使って“親も一緒に楽しみながら”、朝の時間を過ごすことが続けるための最大のコツですよ。

タイトルとURLをコピーしました