【人気のキッチンワゴン比較】ランドセル収納におすすめ!選び方のポイント

キッチンワゴン比較ロゴ 小学校入学準備

小学校入学準備」でランドセルが決まると、次に考えなければならないことが、“ランドセル置き場”です!

学校から帰ってきて、床に広げたままだったり、玄関に置きっぱなしにしないためにも、子どもにとってランドセルを置きやすく、片付けやすい習慣を作ることが重要になってくるのです!

ランドセル置き場に困っている方は、ぜひキッチンワゴンを検討してみてください!

\クリックして詳細を見る/

<キッチンワゴンで人気がある3メーカー>

  • IKEA」… 天板もつけておしゃれなカラーを選びたい
  • ニトリ」… お値段以上&実物確認して購入したい
  • 山善」… 棚の調整は必須&ネットのポイント還元で購入

実際に、わたし自身も購入前に比較検討して、山善(YAMAZEN)のキッチンワゴン「バスケットトローリー」をランドセル置き場として購入しました。

様々なメーカーからキッチンワゴンが発売されていますが、ランドセル収納としてキッチンワゴンを選ぶなら、棚を調整できるタイプがおすすめ!!

購入前に比較検討したため、キッチンワゴンをランドセル収納に選ぶときのポイントを解説します!!

ランドセル収納におすすめキッチンワゴン比較(IKEA・ニトリ・山善)

娘のランドセル姿

様々なメーカーからキッチンワゴンが発売されていますが、人気があるのは「IKEA」「ニトリ」「山善」です!

実際に、わたし自身も購入前に比較検討しました!!

IKEA「RASKOG(ロースコグ)」

サイズ
35×45cm・高さ78cm
値段
4499円
カラー展開
6色
IKEA公式サイトより

IKEAの店舗で買うことが、一番安く購入できます!!

近くに店舗がない場合は、ネット購入がオススメです。

ただし、IKEA公式サイトでは、配送料がかかりますので、ご注意ください。

また別売りで「HOGSMA(ホーグスマ)」という天板もあります!

ちょうどワゴンのふたにもなり、IKEAらしいおしゃれな板なので、収納のアイデアも広がりますよ。

ニトリ「トロリ2」

サイズ
38×46cm・高さ89cm
値段
3990円
カラー展開
6色
ニトリ公式サイトより

ニトリのキッチンワゴンの特徴は、キャスターにロックがついています!

頻繁に動かす予定がないなら、ロックで固定できます。

カラー展開は6色ありますが、実店舗では、ホワイトのみしか販売していないという口コミも見かけます。スペースの関係でしょうか…。

ニトリの店舗は全国各地にあるので、実物を見てから購入することもできますよ!

家の近所のニトリは全色販売していましたが、ホワイト&ブラックのみ展示していました。

山善(YAMAZEN)「バスケットトローリー」

サイズ
38×46cm・高さ81cm
値段
5090円
カラー展開
7色
山善公式サイトより

メーカーによっては、高さ調節が全くできないキッチンワゴンが多く販売されています。

山善のバスケットトローリーは、一番上の段を少しだけずらして、フックのように引っかけられるようにしたり、収納するものに合わせて棚を微調整することが可能です。

小学校入学してから、追加でもらう教科書や持ち物などは学校によって違うので、高さを後から変えられる仕様は、とても便利でした。

また他のメーカーと違う点は、支柱が一本で下段の下がすっきりしているため、移動しなくても、キッチンワゴンの下を“ルンバ”が入って掃除できるのです!

バスケットトローリーの下を掃除中
我が家のマキタのコードレス掃除機でもOK!

↑もくじに戻る

キッチンワゴンをランドセル収納に選ぶときのポイント

キッチンワゴンを選ぶときのポイントは5つあります!

  • バスケット内寸は、ランドセルピッタリサイズ?
  • キッチンワゴンの高さと、収納時の高さに注意!
  • 棚の高さは調整できる?
  • 素材はスチールが便利!
  • キャスターロックの有無

バスケットの内寸

キッチンワゴンのバスケット内寸は、約40×30cmです。

ちょうどランドセルを横置きする大きさにぴったり!

そのため、横置きしたままふたを開けて、中の教科書などを出し入れすることもできます。

キッチンワゴンにランドセル横置き
ランドセル開けたまま出し入れOK!

注意しなければいけないのは、キッチンワゴンにはスリムタイプも発売されています。

冷蔵庫と食器棚の間にぴったりなワゴンですが、残念ながらランドセル収納としては使えません。

特に、ネットで購入時には“ワゴンの幅”に注意しましょう。

キッチンワゴンの高さ

キッチンワゴンの高さは、80~90cmです。

教科書を入れたランドセルは重い」ので、収納場所が高くても低くても、出し入れしにくくなります。

キッチンワゴンは、子どもが立ったままランドセルを収納できるちょうどいい高さなのです!

>>>「小学一年生のランドセルが重い!約5kgのランドセルの中身を公開

また、クローゼットやカウンター下にキッチンワゴンを置こうと思っている場合は、ランドセルを置いた時の高さにも気を付けましょう。

ランドセルのマチ幅は、約20cmです。

「キッチンワゴンの高さ+ランドセルのマチ幅」は約1mになると仮定して収納場所を考えましょう!

棚の高さは調整可能?

棚が動かせるかどうかは、各メーカーにより異なります。

全段固定されている場合、いざ入学して持ち物が入らないということになっては大変です!

特に教科書は、4月にならないと持ち帰らないため、高さが分かりません。

ランドセル収納としてキッチンワゴンを選ぶなら、棚を調整できるタイプが断然おすすめです!!

素材はスチール?プラスチック?

ランドセル収納として、キッチンワゴンを選ぶなら「スチール」がおすすめ!

理由は、丈夫で耐久性が高いことはもちろんですが、スチールならマグネットがつけられるので便利なのです!!

マグネットクリップで、帽子や名札をくっつけたり、持ち物リストをマグネットにして、お支度ボード代わりにすることもできます。

>>>「お支度ボードは効果なし!?続かない時の対処法と楽しく習慣にする秘訣

キャスターロックの有無

キッチンワゴンはキャスターが付きのため、移動や掃除が楽です!

子ども部屋(または玄関)からリビング学習する場所まで、子ども自身でワゴンを動かすことができます。

また、ランドセルから宿題を出し入れしたり、明日の準備したりと、一つの場所で完結できる方が支度もスムーズです。

キャスターロックがなくても不便ではありませんが、気になる方はロック有無も購入前に確認しましょう。

3メーカー比較表

IKEAニトリ山善
ワゴンの内寸 35×4538×4638×46
ワゴンの高さ 78cm 89cm 81cm
棚の稼働中段のみ
キャスターロック××
支柱の数2本1本1本
素材スチールスチールスチール
金額4490円3990円5490円
メーカー比較表

3メーカーを比較すると、サイズに大きな差はありません。

その他の比較ポイントとしては、支柱の数で安定感のあるか、カラーバリエーションで好みの色があるか、素材(品質)の違いなどがあります。

支柱が2本で安定感はあるが、棚が中段しか動かせない「IKEA」

支柱が1本で重いものを乗せるとゆがみやすいが、棚を自由に微調整できる「ニトリ」「山善」と分けられます。

キッチンワゴンの金額は、2022年時点での情報です。

↑もくじに戻る

【まとめ】 キッチンワゴンはランドセル収納におすすめ!

我が家は「池田屋ランドセル

キッチンワゴンの一番のメリットは、子どもが収納しやすいことです!

重いランドセルを置きやすく、移動が簡単で、小物なども収納が一箇所に集められることで、片づけやすい習慣を作ることができるのです!!

様々なメーカーからキッチンワゴンが発売されていますが、サイズや金額には大きな違いはありません。

カラーバリエーションと棚の調整、キャスターのロック有無に違いがあるので、何を重視するかで選ぶと良いでしょう。

\クリックしてもう一度見る/

<キッチンワゴンで人気がある3メーカー>

  • IKEA」… 天板もつけておしゃれなカラーを選びたい
  • ニトリ」… お値段以上&実物確認して購入したい
  • 山善」… 棚の調整は必須&ネットのポイント還元で購入

わたしは、棚の稼働のしやすさと品質が高いメーカーが決め手となり、 山善(YAMAZEN)のキッチンワゴン「バスケットトローリー」をランドセル置き場として購入しました。

山善キッチンワゴンの詳しい内容は、別記事でも紹介しています。

>>>「すっきり収納!山善ワゴン・バスケットトローリーをランドセル置き場に

とっても便利で、ランドセル収納として買って良かった入学準備品のひとつです!

ランドセル置き場に困っている方は、ぜひキッチンワゴンを検討してみてくださいね!!

「入学準備&学童準備」ブログ関連記事

参考まとめ記事

小学校入学準備をいつから何を始めたらいいかわからない方のために、「入学準備」を5つのテーマにわけて徹底解説しました。

>>>小学校入学準備【完全マニュアル】記事はこちら

ワーキングママの方は、入学準備と同時進行で「学童準備」も進めなければいけません。別記事で詳しく解説しているので、あわせてご参考ください!!

>>>学童準備の段取り&スケジュール【総まとめ】記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました