【六甲山スノーパークの口コミ】手ぶらで子どもと雪遊び!神戸で冬を満喫

六甲山スノーパーク・アイキャッチ画像 関西遊び場

六甲山の積雪は少なく、ゲレンデは人工雪のため、雪質は微妙です(笑)

でも、がっつりスキーやスノボではなく、子どもを連れての雪遊びがメインなら大丈夫!!

「六甲山スノーパーク」は、アクセスの良さ・レンタルの豊富さ・雪遊びエリアの広さと安全面など、たくさんのメリットがありました。

六甲山スノーパーク・雪遊び風景
いとこの子どもは2歳!

特に、ゲレンデデビューする乳幼児の子連れには、おすすめです!

今回は雪遊びのみの利用だったので、六甲山スノーパーク内の「スノーランド」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「六甲山スノーパークの口コミ」はじめての雪遊びにおすすめ!

六甲山スノーパーク・ソリを運ぶ娘
ソリ借りて、いざ!スノーランドへ!!

六甲山スノーパーク内「スノーランド」の5つのメリットを紹介します。

子どもと一緒に雪遊びにするには、安心して楽しく遊べるゲレンデでした!

  • スキーコースと完全に分かれた雪遊びエリア
  • 雪ゾリのレンタルは、実質500円!
  • 雪ゾリだけでなく、週末イベントもあり!
  • 雪だるま製造機は無料貸し出し
  • 寒波がやってくれば、本物の雪でも楽しめる!

スキーコースと完全に分かれた雪遊びエリア

六甲山スノーパーク・ゲレンデマップ
画像引用:公式サイトより

六甲山スノーパークの「スノーランド」は、雪ゾリ・雪あそび専用のゲレンデ。

スキーゲレンデと完全に別れているので、小さなお子様も安心して楽しめます。

関西でも有数の広さを誇る約10,000㎡のゲレンデで、雪の世界を思いっきり楽しもう!!!

六甲山ポータルサイト ROKKOSAN.COM

雪遊びエリアの「スノーランド」自体、雪ゾリコースと雪遊びエリアが分かれていて、とても広い!

そのため、雪だるまなどを作って遊ぶエリアに、スキーはもちろん、ソリも入ってくる心配はありません。

ただきょうだいの年齢が離れている場合は、上の子はソリで遊び、下の子は雪遊びするとなると、見守りを分かれてしなければいけなくなるでしょう。


雪ゾリのレンタルは実質500円!

六甲山スノーパーク・スノーランド

雪ゾリのレンタルは、保証金含む1500円です。

最初に1500円支払い、返却時に1000円戻ってくる仕組みのため、実質500円で一日借りることができます!

なんとレンタルの雪ゾリは二人乗り!

親も一緒に滑ることができるように、大きめのソリが借りられるのは嬉しい!!

六甲山スノーパーク・レンタルのソリ
レンタルできる二人用の雪ゾリ

子どもだけだと、なだらかの傾斜なので、あまり滑りませんが、親も一緒にソリに乗ると結構スピードがでます!

怖がる子どもと、楽しくて「もう1回!」という子どもと反応が分かれますよ。

ちなみに、我が家は後者なので、何度も二人乗りで滑らされました(笑)

木製の雪ゾリなどは不可ですが、一般的なソリは、スノーランドに持ち込みできます。
実際に100均のソリで遊んでいる子どももいました!


雪ゾリだけでなく、週末無料イベントもあり!

スノーチューブ・公式サイト画像
画像引用:公式サイトより
開催日1月2月の土日祝。※1月22日(土)除く。
開催時間①10時~12時 ②14時~16時
対象年齢スノーチューブは小学生まで、スノースライダーは未就学児のみ
注意!2021年の情報です

2021年は、スノーチューブ(1月)とスノーストライダー(2月)を無料で体験できました!

混雑日は、少し並んで待つことになりますが、小さな幼児でも楽しめるアトラクションは、週末だけのお楽しみです。


雪だるま製造機は、無料貸し出し

六甲山スノーパーク・ゆきだるま製造機で作り中
いとこ家族と雪だるま製作中!

雪だるま製造機は「雪遊びエリア」にあり、無料で自由に使うことができます!

型に雪を詰めて挟むだけなのですが、多すぎても少なすぎても崩れてしまうので、意外と難しい…

試行錯誤して、真ん丸の雪だるまが2個完成しました!

六甲山スノーパーク・スノーランドにて
持参した葉っぱや木の実で飾り付け!

雪だるま製造機は、数に限りがあります。
譲り合って使うもののため、なかなか順番がまわって来ない場合もあるでしょう。

売店でも雪遊びスコップなど販売していますが、少しお値段が高いので、家から砂場セットなどを持参しておくと、楽しく雪遊びできますよ!


寒波がやってくれば、本物の雪でも楽しめる!

六甲山スノーパーク全体が人工雪で作られていますが、寒波が来れば、六甲山でも雪が積もります!

雪の降るほど寒い日はチャンスです!

六甲山スノーパークを遠くから見た景色
奥に見えているのが「スノーランド」

写真の手前は、週末の寒波で降った本物の雪です!

歩道や山の斜面などに雪が積もっている日は、雪遊びエリア「スノーパーク」外でも遊ぶことができますよ。

降雪日は、道路は積雪や凍結している場合があるため、スタッドレスタイヤやチェーンの装着は必須です!

↑もくじに戻る

スポンサーリンク

「六甲山スノーパーク」3つのデメリット

六甲山スノーパークの人工雪のホース
奥のホースから雪が降ってます!(雪うさぎは、わたし作w)
  • 人工雪なので雪質はかき氷みたい!
  • レストランは混雑&現金のみの支払い!
  • 市街地から近くアクセスが良いので、混雑日は駐車場がすぐ満車に!

人工雪です!

人工雪なので、雪に期待はしてはいけません。

シャリシャリのかき氷をイメージしておきましょう(笑)

親にとっては、ちょっと物足りなくても、子どもにとっては、人工雪であっても、冷たくて真っ白な雪遊びは、とっても楽しい体験になりますよ!


レストランは2箇所(持ち込みは屋外のみ!)

レストランは、スキー場入口の「アルペンローゼ」と、スノーランド近くにある「雪だるま食堂」です。

お昼ごはんは、ゆきだるま食堂で、親子とも「雪だるまカレー」を食べました!

六甲山スノーパーク・雪だるまカレー

雪に見立てているのはチーズです。甘口なので、子どもも食べられますよ!

室内でゆっくり食べられるのはいいのですが、お昼時は混雑しています。

また昔ながらの食券スタイルのため、支払いには現金が必要です。

「六甲山スノーパーク」は、お弁当など持ち込みは屋外ならOKですが、レストランへの持ち込みは禁止されています。


好立地だけに駐車場が混雑

六甲山スノーパーク・駐車場

「六甲山スノーパーク」は、大阪市内から車で約1時間&神戸三宮なら約35分という近さです。

市街地から近くアクセスが良いので、混雑日は駐車場がすぐ満車になります。

また入場チケットを買うまでも長蛇の列になりますので、ご注意ください。

連休中はもちろん、寒波があり雪のコンディションが良い日などは、早めの出発が安心でしょう。

↑もくじに戻る

レンタルもできる!「六甲山スノーパーク」雪遊びの服装

雪だるまを持つ娘
雪遊びの服装
  • スキーウエア上下(レンタル)
  • グローブ(レンタル)
  • スノーシューズ(レンタル)
  • ネックウォーマー&帽子(持参)

スキーウェアの下は、綿の肌着+ヒートテック+セータ―の組み合わせを親子共にしていました。

12月の山上は氷点下!-4度だったので、スキーウェアは必須だと思い、今回レンタルしました。

時期によっては、親のスキーウェアは不要な場合もありますので、山頂の気温を公式サイトでご確認ください!

ちなみに、ゴーグル・帽子のレンタルはありません。必要であれば持参しましょう。

たとえ氷点下でも、一緒に雪ゾリやスキーはしない見守るだけの保護者の方は、普段の防寒着の方もいました。ただ普通のスニーカーや長靴の場合、雪の上は滑りやすいのでご注意ください。

レンタル料金はクレジットカードOK!

六甲山スノーパーク・レンタル料金

入園料を払うタイミングで、レンタル料金も支払います。

クレジットカード決済もでき、「保証金」は返却時に現金で返ってきました!

つまり、クレジットカード決済は、保証金込みの金額で高額になりますので、ご注意ください。

スキーウェア大人2600円ウェア上下・グローブのセット
スキーウェア小人2100円身長90cm~
スノーシューズ500円足のサイズ14cm~29cm
グローブ単品500円4歳以下の幼児用はミトンタイプ
上記料金に、別途保証金1000円が必要です!

スキーウェアのサイズは、普段着ているサイズがジャストサイズです!

子どもは130cmか140cmの服を着ているので、140cmにしたのですが、ちょっと大きすぎて失敗でした。試着してサイズが合わない場合は、交換もできます。

手持ちの服で雪遊びする場合は、スノーシューズやグローブ単品だけのレンタルもできますよ!

↑もくじに戻る

「六甲山スノーパーク」の基本情報

六甲山スノーパーク・入口

「六甲山スノーパーク」は、兵庫県神戸市の山上にある人工スキー場です。

スキー・スノボができるゲレンデのコースと、雪遊びエリア「スノーランド」があります。

スノーランドの営業時間

期間:2022年12月3日(土)~2022年3月5日(日)
営業時間:9:00~17:00

ナイター営業日は20時まで営業していますが、雪遊びができる「スノーランド」は17時で終了します。

入園料(1デイチケット)

大人(中学生以上)小人(3歳~小学生)
2200円1100円
入園料(1デイチケット)

スキーやスノボをしない、雪遊びメインであっても入園料は必要です。

券売機でも購入できますが、前売り券やクーポンを持っている場合は、窓口のみの支払いです。

わたしは、「いこーよ」のクーポンを使って、窓口でクレジットカードで支払いました!

駐車料金

駐車料金(1日)
1500円

駐車料金は、先払いシステムで現金のみです。

一番入口に近いほうから順に「第一」「第二」「第三」駐車場とあり、700台の駐車スペースはありますが、混雑時には満車になります!

六甲山上の他施設の駐車場を利用することになるため、早めの駐車がおすすめです。

スポンサーリンク

【まとめ】幼児向けの雪遊びデビューにぴったりなゲレンデ

六甲山スノーパーク・娘が作った雪だるま
雪だるま製造機で作った雪だるま

「六甲山スノーパーク」は人工雪のため、雪質は微妙です(笑)

たとえ親にとっては、ちょっと物足りなくても…

子どもにとっては、人工雪であっても、冷たくて真っ白な雪遊びは、とっても楽しい冬の思い出になりました。

アクセスの良さ・レンタルの豊富さ・雪遊びエリアの広さと安全面など考えると、子どもの雪遊びデビューにもピッタリなゲレンデです!

子どもに楽しい雪遊びを体験させたい方は、ぜひこの冬「六甲山スノーパーク」に足を運んでみてくださいね!

新型コロナウイルス感染症の状況により、施設の営業日や営業時間の変更になっている場合がありますので、お出かけ前には公式サイトを必ずご確認ください。

↑もくじに戻る

「関西遊び場」ブログ関連記事

トリム園地のふわふわドーム
トリム園地の「ふわふわドーム」

タイトルとURLをコピーしました