【小学一年生】GPSBoT第二世代を1年使ってみた感想&口コミ

小学校入学準備

子どものための入学準備品で一番買ってよかったものは、この見守りロボットGPSBoTです!

スポット登録すれば、エリアを離れると「自宅を出ました!」「小学校を出ました!」「学童を出ました!」と通知で教える優れものです。

春休みの間は、ちゃんと正しくルート表示されるのか確認のため、親の鞄の中に入れて通勤の時に使っていました。

そして、入学式からは、子どものランドセルの中でしっかり働いてくれています!

小学一年生まだまだ心配はつきないので、居場所を教えてくれるGPSサービスは必需品です!!

新しいツールですが、ここ数年で様々なメーカーから発売されています。

この記事では、実際に購入して愛用中の『GPSBoT第二世代』の魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

小学生のための安全対策にGPSは必需品!

  • 防犯ブザー
  • キッズ携帯
  • GPSサービス
  • 登下校見守りシステム

小学生のための安全対策アイテムは、主に4つ。

中でも、「防犯ブザー」は入学時に学校から無償で配られるほど定番品です。

そのため、最近では防犯ブザー加えて、「キッズ携帯」や「GPSサービス」「登下校見守りシステム」を利用しようと考える人が多くなっています。

我が家では、子どもには「キッズ携帯」はまだ早いと判断したため、「GPSサービス」を選びました。

小学校によっては、「キッズ携帯」は持ち込み不可の場合もあるので、一度問い合わせてから購入した方が良いでしょう。

「GPSサービス」4選

GPSサービスは、専用の受信機を子どもの鞄に入れておけば、スマホのアプリで現在地も移動ルートも、マップで確認できる素晴らしいアイテムです!

新しいツールですが、ここ数年で様々なメーカーから発売されています。人気のメーカーをご紹介します!!

  1. ビーサイズGPSBoT
  2. みもりGPS
  3. どこかなGPS
  4. soranome(ソラノメ)

ビーサイズGPSBoT

AIが行動を学習する唯一のGPSです。

学校や自宅、習い事の場所など、よく行く場所を自動で学習。通知スポットを登録すると、エリアから出たり入ったりすると自動的に通知が届きます。

【参考価格】 本体税込5280円+月額料金528円

みもりGPS

不審者情報システム“マチコミ”が開発した見守りGPSサービス。

他製品に比べて月額料金が高いですが、通常のGPSだけでなく不審者情報や交通事故の多いエリアなどの危険エリアについても教えてくれる機能があります。

音声メッセージや、子ども側から居場所を教えられる通知ボタンがついているため、みもりGPSならでは機能があります。

【参考価格】 本体税込8550円+月額料金748円

どこかなGPS

携帯キャリアの“ソフトバンク”から発売。

スマホと同じように、商品購入時に2年分の通信料と端末料金含まれています。
子ども側から居場所を教えられる通知ボタンがあります。

また「家のWiFiエリアに入ったときと出たときの通知機能」「端末が家の中で見当たらないとき、アプリでGPSの音を鳴らして探すことができる機能」など便利な特徴もあります。

【参考価格】本体税込13200円(2年間月額無料・3年目より月額440円)

>>>【公式】どこかなGPS ― スマホでかんたん 探せるあんしん ―

soranome(ソラノメ)

通常のGPSサービスに加えてSOSボタンがついていることが特徴です。

緊急時にボタンを3回、もしくは長押しするだけで、スマホに通知が届きます。

【参考価格】(キャンペーン価格)本体税込9020円+月額料金539円

>>>大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」

登下校見守りシステム

阪神あんしんサービス 登下校ミマモルメ (hanshin-anshin.jp)

カード型のICチップを子どもの鞄に入れておけば、校門をくぐるたびに、専用のスマホアプリで教えてくれるサービスです。

校門に設置したセンサーにICタグが連動するため、GPSサービスよりも校門通過情報が正確です!

学校に着いたことももうすぐ帰ってくることもわかるので、利用している専業主婦のママ友さんはとても便利だと話していました。

ただし、通学途中の行動についてはわかりません!

「登下校見守りシステム」は、“通学時間が短い”“一人で習い事に行くことがない”というお子様向けです!!

料金は、初期登録料2620円+月380円~460円と、「GPSサービス」に比べて低価格です。

実際に、我が家が通う小学校でも「入学説明会」の時に紹介され、お試し期間ということで4月5月は月額無料サービスのチラシをもらいました。

各学校によって導入しているシステム会社が違うので、ぜひご参考までに!

スポンサーリンク

ビーサイズ GPSBoT第二世代について

GPSBoTを開封した状態(GPSBoTはゆうパケットで届きます!)

GPSをもとに、お子様を見守るのが僕の仕事。

でも、ただのGPSではありません。人工知能で見守るロボットです。みまもりAI 搭載。お子様の行動を学習する、唯一のGPSです。

使い方は簡単。充電して、ランドセルに入れておくだけ。日本中をカバーする携帯電話回線に自動接続し、最長1ヶ月充電いらずで、カバンの中からずっと見守ります。

【公式】GPS BoT | 日本一、多くの子供を見守るGPS (bsize.com)

端末購入時に、月額料金支払いのためのクレジットカードの登録をします。

端末が到着後、スマホのアプリをダウンロードし、パスワードを入力すれば連携完了!

「GPSBot」は、簡単に加入手続きでき、手軽に利用できるサービスです!!

はじめまして、GPSBoTです!
今日からあなたの大切な方を見守ります!よろしくお願いします!

【公式】GPS BoT | 日本一、多くの子供を見守るGPS (bsize.com)

開封時の箱に書いてるメッセージです。こちらこそよろしくという気持ちになり、ほっこりしますよ。

GPSBoTの仕様

商品名GPSBoT(GPSボット)第二世代モデル
重量46g
寸法幅5cm・高さ5cm・厚み1.8cm
マットホワイト
バッテリーリチウムイオンバッテリー内臓
充電時間3時間
充電端子USB-C(USB Type-C)
通信可能エリアNTTドコモ LTEエリア
製造国made in JAPAN
【公式】GPS BoT | 日本一、多くの子供を見守るGPS (bsize.com)

GPSBoTのおすすめの使い方・シチュエーション

  • 学校の登下校に
  • 習い事に行くときに
  • 学校から帰ってきてお友達と外に遊びに行くときに
  • 電車通学やバス通学の子どものためお迎え時間がわかるように
  • 旅行先での迷子防止に

GPSサービスは、登下校時以外にも様々な使い方ができます。

ランドセルに入れっぱなしもいいですが、出かけるときに必ず身につけるアイテムのひとつとして持つことがおすすめです!

GPSBoT第一世代と第二世代の違い

  1. 1ヶ月充電要らずのロングバッテリー!
  2. GPSの位置精度がアップ!
  3. サイズが小さくなり、ストラップホールがついた!

2017年に第一世代が発売され、2020年に新モデル第二世代が発売、第一世代との大きな違いは、第二世代の一番の特徴ロングバッテリー!

最大一ヶ月充電が要りません。GPSの位置精度も大幅にアップ!

また第一世代より少しサイズ小さくなり、ストラップホールがつきました。

↑もくじに戻る

「GPSBoT第二世代」メリット

【公式】GPS BoT | 日本一、多くの子供を見守るGPS (bsize.com)
3つのメリット
  1. 端末に通知ボタンやブザーがない!
  2. 最大1ヶ月も充電不要!!
  3. スマホやゲーム機と同じUSB-C端子

端末に通知ボタンやブザーがない!

他メーカーとの一番の違いです。通話もメールもできません!

通知ボタンが必要なのは、子どもの性格にもよりますが、ある程度の年齢からだと思います!

子供からの発信ができないため、いたずらや押し間違いと言った心配がなく、万が一の時にも音が鳴りません。

学校にも持ち込みできて、かばんの中に入れっぱなしにできます。

ボタンが何もないことが、このGPSを選んだ一番の理由でありメリットです!

子供側から居場所が知らせる通知ボタンが必要な方は、「みもりGPS」「どこかなGPS」soranomeソラノメ」などをご検討ください。

最大1ヶ月も充電不要!!

第二世代はロングバッテリーが最大の特徴!

位置情報を1.5分間隔から3分間間隔の省エネモードに設定すると、最大1ヶ月充電不要です。

・・・とはいっても、

3分間間隔では、友達と走って学校に行ったりするので、あまり現実的ではありません(笑)

1.5分間隔で使用がおすすめです!

実際に我が家では、平日5日の登下校(+学童への移動)で使用し、約3週間(実質15日間)は充電が持ちました!

また、充電が少なくなるとアプリから通知が届く仕様になっています。

「充電の通知は遅い!」

登校後の午前中に通知が届き、下校時まで充電が持つのかドキドキさせられるので、学校に行かない週末に充電するという習慣をつくるようにしています。

ちなみに、充電MAXにするには3時間かかるのでご注意を!

スマホやゲーム機と同じUSB-C端子

端末を購入しても、残念ながら充電コードはついてきません。

ですが、USB-C端子はスマホやゲーム機でよく使われているので、充電コードひとつくらいはあるのではないでしょうか。

他の機器と同じ充電方式で使えるのは便利ですよ!

↑もくじに戻る

「GPSBoT第二世代」デメリット

【公式】GPS BoT | 日本一、多くの子供を見守るGPS (bsize.com)
3つのデメリット
  1. 解約しても端末再利用はできない!
  2. 位置精度は、手動で修正が必要!
  3. 端末のケースがない!

解約しても端末再利用はできない!

端末は一度きりで、毎月月額料金がかかります。

使ってみて合わないと感じても、端末は再利用できずに、新しい端末料金を全額払わなければいけません。

夏休み期間の長期休暇中の一時停止などもできないため、本当にGPSが必要かどうかも含め、他メーカーと機能をしっかり比較してから購入しましょう。

通知ボタンや便利な機能が必要な方は、「みもりGPS」「どこかなGPS」soranomeソラノメ」などをご検討ください。

位置精度は、手動で修正が必要!

AIによる学習機能はありますが、位置はある程度ズレます。

Google mapのように正確ではありません。

我が家はマンションのため、マンション内の電波は拾いにくいようで、自宅にいるのに建物外の位置になっているときもあります。

これはちょっと改善してほしい!

どうやら屋内と屋外では精度が違うため、屋内の位置情報が正確ではないようです。

日本版GPS みちびき (QZSS) に対応。

さらに、GPS衛星 / BeiDou衛星 / Galileo衛星 / SBASにも対応し、屋外での位置特定性能を向上させました。屋内や地下は、GPS衛星では位置が特定できません。

そんなときも街のWiFiや携帯基地局の電波を頼りに、位置を特定するクラウド測位エンジンを搭載。

【公式】GPS BoT | 日本一、多くの子供を見守るGPS (bsize.com)

GPSBoTのシリコンケースは別売り!

GPSBotシリコンケース画像

2022年10月、ついに公式サイトから「シリコンケース」が発売されました!

斜めがけ用のショルダーストラップ(約120cm)と、手さげストラップ(約40cm)を同梱。

またシリコンケースをつけたまま充電できるような、デザインになっています!

購入当時はシリコンケースが発売がなかったため、我が家では、汚れ防止と大雨の時の対策として、小さめのジップロックに入れてランドセルのポケット部分に入れています。

スポンサーリンク

【本音口コミ】GPSBoTの満足度は90%

  • GPSサービスは、現代の小学生のための安全対策アイテムのひとつ!
  • GPSBoT第二世代の最大の特徴は、ロングバッテリー!
  • 軽いので、ランドセルの重さにも負担にならない!
  • 位置情報は、Google mapほど正確ではない!
  • GPSBoTは、大きなアップデートを予定している!?

「防犯ブザー」が定番化した今、「GPSサービス」は、現代の小学生のための安全対策アイテムのひとつです。

その中で選んだ『ビーサイズのGPSBoT』ですが、バッテリーの耐年数は2~3年のため、他メーカーに比べて初期投資も抑えられました。

小学一年生の登下校時の見守りとしては、「自宅」「小学校」「学童」の3ヶ所さえ居場所が分かれば十分!

月額500円程度で安心が買えると思えば、安いと感じています。

ただ、google mapのような正確のものをイメージしたので、位置情報の誤差にはびっくりしました。

我が家はマンションが多い住宅街のため、自宅周辺より広い公園の方にいる方が位置情報は正確です。

随時アップデートを予定されているため、AIの学習機能の精度が上がることを、もう少し期待しましょう。

本当の子どもの見守りは、GPSサービスだけに頼るのではありません。

「交通ルール」や「防犯対策」もしっかり教えつつ、賢く利用していきましょう!!

ビーサイズGPSBoT」の購入は、正規オンラインストアのみです。 Amazon、楽天、Yahooショッピングでの取り扱いはありません。

【追記】
2022年3月、声を録音したトークが送れる「BoTトーク」が発売されました!あわせて公式サイトでご検討ください!!

「入学準備&学童準備」ブログ関連記事

参考まとめ記事

小学校入学準備をいつから何を始めたらいいかわからない方のために、「入学準備」を5つのテーマにわけて徹底解説しました。

>>>小学校入学準備【完全マニュアル】記事はこちら

ワーキングママの方は、入学準備と同時進行で「学童準備」も進めなければいけません。別記事で詳しく解説しているので、あわせてご参考ください!!

>>>学童準備の段取り&スケジュール【総まとめ】記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました